OEM開発

目次

OEM開発とは

OEM開発では、以下のシステムを貴社ブランドにて販売可能です。

  • ブーストキャンペーン
  • 友達紹介キャンペーン

弊社のデジタルギフトの機能をオリジナルな製品として使うことができます。

1からデジタルギフトを実装する必要がないため、コストもかなり抑えられてデジタルギフトを利用することが可能です。

こんな悩みはありませんか

OEM開発を活用いただくと、以下のような悩みを解決できます。

①新しい市場でのブランド認知度を上げたい

新規顧客を獲得するためには、魅力的なキャンペーンの設計が必要です。
ターゲットとなる顧客層に合わせた、アプローチが求められます。

②コストとリスク管理に不安がある

新しい市場に進出したいけど、その際の初期投資や継続的な運用コストが懸念…という方も多いのではないでしょうか。
システムのセキュリティやプライバシー保護など、リスク管理に関する懸念もあるでしょう。

③技術的な課題とリソース不足

インスタントウィン市場を取り込むためには、自社の技術力が乏しい場合、迅速なシステムを提供するために外部と提携するか、システムをアウトソーシングする必要があります。

OEM開発でできること

OEM開発では、以下のことができます。

①デジタルギフトの機能を自社ブランドとして販売できる

自社ブランドとして販売することができるので、顧客へのブランド認識を高めることが可能です。

企業のロゴやデザインでデジタルギフトの機能を利用することができます。

②インスタントウィン市場を取り込むことが可能

インスタントウィンとは、顧客が即座に賞品や報酬を獲得できるプロモーション活動のことです。

インスタントウィンはキャンペーンへの顧客参加を促進し、ブランドへの関与を高めるためのマーケティング戦略として有効です。

③システムの運用をする必要はなし

専門のシステムやプラットフォームを自ら開発・運用する必要がありません。

開発や運用に関する時間とコストを大幅に削減でき、マーケティング活動により集中できるようになります。