デジタルスタンプラリーの費用と効果の比較

目次

デジタルスタンプラリーは、商業施設、高校エリアなどで多く見られ、施設の集客に効果的な方法です。しかし、そのコストと効果のバランスは、企業にとって重要な判断基準になるでしょう。

本記事では、デジタルスタンプラリーの全体像から種類、効果を最大化する方法、導入を考えている企業へのアドバイスなどについて詳しく解説します。これらの情報を通じて、デジタルスタンプラリーが企業のマーケティング戦略にどのように貢献できるかを理解しましょう。

デジタルスタンプラリーの概要

デジタルスタンプラリーは、特定の場所やウェブサイトを訪れてスタンプを集めることで、顧客のブランドへの関与を深め、リピートビジネスを促進するマーケティングツールです。
また、デジタル化により、参加者の行動追跡とデータ収集が可能となり、これによりマーケティング戦略の最適化が可能です。

デジタルスタンプラリーの種類

それでは、デジタルスタンプラリーの種類について詳しく解説します。主な種類としては、QRコード、GPS、キーワード入力の3つです。

それぞれの特性と利用シーンについて、以下で詳しく見ていきます。

QRコード

QRコード型のデジタルスタンプラリーでは、参加者は特定の場所でQRコードをスキャンしてスタンプを集めます。これは、店舗の来店促進やイベントの参加促進などに効果的です。

また、QRコードは簡単に生成・印刷でき、スマートフォンで簡単に読み取れます。

GPS

GPSを活用したデジタルスタンプラリーは、参加者の位置情報を用いてスタンプを提供します。これにより、特定の地域や施設への訪問が促進されます。

さらに、GPSの利用により、実際の移動がゲームの一部として楽しむことが可能となりました。これらの要素が組み合わさることで、現実世界の探索が一層楽しく、魅力的な体験に変わります。

キーワード入力

キーワード入力型のデジタルスタンプラリーでは、参加者は特定キーワードを入力すれば、スタンプを得られます。これは、ウェブサイトの閲覧促進や、特定の情報伝達などに効果的です。

キーワードは自由に設定でき、目的に応じた体験を提供できます。

デジタルスタンプラリーの起源と進化

デジタルスタンプラリーは、伝統的なスタンプラリーがデジタル化されたものです。初期のデジタルスタンプラリーはシンプルな形式でしたが、技術の進歩とともに、より洗練され、効果的なマーケティングツールへと進化しました。

デジタルスタンプラリーの利点

デジタルスタンプラリーの最大の利点は、顧客エンゲージメントの向上です。顧客は楽しみながらブランドとの相互作用を持て、これによりブランドの評価やリピート率が高まります。

また、デジタルスタンプラリーは、顧客の行動データを収集すれば、マーケティング戦略の最適化に役立ちます。

デジタルスタンプラリーの欠点

一方、デジタルスタンプラリーには欠点もあります。導入費用や運営費用がかかり、技術的な問題が発生する可能性があり、顧客のプライバシーに配慮する必要があることなどが挙げられます。

これらの問題を適切に管理すれば、デジタルスタンプラリーの効果を最大化できます。

デジタルスタンプラリーの費用が決まる要素

デジタルスタンプラリーの費用は、以下の要素によって大きく影響を受けます。

参加可能人数

参加可能人数が多いほど、サーバーの負荷が高まり、それに伴い費用も増えます。一方で、多くの人々が参加すれば、その効果も大きくなります。

開催期間

開催期間が長いほど、サーバーの運用費用やメンテナンス費用が増えます。しかし、長期間にわたる開催は、顧客のエンゲージメントを維持するのに有効です。

ユーザーデータのダウンロード

ユーザーデータのダウンロード機能を提供する場合、データ保護のためのセキュリティ対策が必要となり、これにより費用が増えます。

GPS認証

GPS認証を利用する場合、精度の高い位置情報サービスが必要となり、これにより費用が増えます。しかし、GPS認証は、リアルタイムの位置情報に基づくエンゲージメントを提供するため、効果的なマーケティング手法です。

デジタルスタンプラリーの費用比較10選

デジタルスタンプラリーの導入は、顧客エンゲージメントを高める効果的な手段です。しかし、その費用はサービスにより大きく異なります。

以下に、10個のデジタルスタンプラリーのサービスを紹介し、それぞれの費用を比較します。

Furari

「furari」は地域活性化や観光促進に効果的なデジタルスタンプラリーシステムです。初めてのイベントでも安心できるよう、導入検討時から開催後まで幅広いサポートを提供しています。

また、データダウンロードが標準機能として装備されており、データ分析が可能です。さらに、PUSH通知によるリピーター獲得やアプリ内での集客効果、ターゲット層への情報発信など、アプリならではの集客効果が見込めます。

会社名 株式会社ワンズ
所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16F
公式HP https://one-s.co.jp/
費用 スタンダードプラン107,800円~
システム形式 アプリ版/Web版

プラチナラリー

「プラチナラリー」は観光スポットや街の魅力を伝えるデジタルスタンプラリーです。デジタルマップで目的地をわかりやすくし、観光情報を同時に配信するなど、スタンプラリーをより楽しむ工夫が施されています。

また、回遊率や利用データなどの分析が可能で、効果測定が容易です。さらに、7カ国語に対応しており、国際的なイベントにも対応可能です。

会社名 ボールドライト株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿3-9-7 フロンティア新宿タワー4F
公式HP https://boldright.co.jp/
費用 初期費用55,000円、基本料金109,450円~
システム形式 Webブラウザ型

mobile deスタンプラリー

「mobile de スタンプラリー」は、イベントの特徴に合わせて実施可能なデジタルスタンプラリーです。それぞれのイベントの特性を活かし、参加者が楽しめるような工夫がされています。

例えば、ゲーム抽選や謎解きラリーなど、参加者が楽しむための要素が盛り込まれています。これらの特徴により、「mobile de スタンプラリー」は、各イベントに合わせた形での実施が可能で、参加者を楽しませてくれます。

会社名 株式会社PKBソリューション
所在地 東京都千代田区神田錦町1-16-1 いちご神田錦町ビル9
公式HP https://www.pkbsolution.co.jp/
費用 構築費用440,000円~
システム形式 Webブラウザ型

リコー(デジタルスタンプラリー)

「リコー」はAR機能を活用し、会場内を盛り上げるデジタルスタンプラリーです。初めてのイベントでも安心して利用でき、企画書に利用できるデザインやテンプレートが配布されています。

また、自治体や観光地・商店街など、さまざまな種類のイベントでの実施実績があり、これらの特徴により、「リコー」はイベントを効果的に盛り上げてくれます。

会社名 リコージャパン株式会社
所在地 〒143-8555 東京都大田区中馬込1-3-6
公式HP https://www.ricoh.co.jp/
費用 225,000円~
システム形式 アプリ

Digi-Stamp

「Digi-Stamp」は地域活性化や商業施設のイベントに導入されるデジタルスタンプラリーです。データを基に効果測定が可能で、集計結果を検証レポートから分析できます。

台紙、インクなどの費用がかからず、電子スタンプまたはスマートフォンで行うため、コストを抑えて開催できます。参加者をあらかじめ設定したスタンプ地点に誘導し、より多くの場所を楽しんで巡れるようにします。

スタンプの取得方法はGPS方式、またはQRコード方式があり、イベントに合わせて選択できるのも特徴の一つです。

会社名 タケショウ株式会社
所在地 愛知県半田市有楽町7丁目37-12
公式HP https://www.takeshou-gr.co.jp/index.html
費用 165,000円~
システム形式 Webシステム型

てくてくスタンプ

「てくてくスタンプ」は地域活性化を目的にしたデジタルスタンプラリーです。リアルタイムでの利用状況確認が可能で、初めてでもシンプルな画面で気軽に利用できます。

また、スポットの巡りやすさや、達成条件の決定、スポットの登録など、開催や運用の手間を減らす工夫がされています。

会社名 株式会社Geolocation Technology
所在地 静岡県三島市一番町18-22 アーサーファーストビル4F
公式HP https://www.geolocation.co.jp/
費用 300,000円~
システム形式 Webブラウザ型

ザ・スタンプラリー

「ザ・スタンプラリー」は、LINEアカウントと連携して運営できるデジタルスタンプラリーです。企業のLINE@をユーザーに友達登録してもらい、継続的なアプローチが可能です。ブラウザに依存しないため、データが消える心配はありません。

また、3つのスタンプを集めると応募または抽選できるシステムがあります。

会社名 OH MY GOD 株式会社
所在地 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
公式HP https://ohmygod.jp/
費用 107,800円~
システム形式 LINEアプリ

Raund

「Raund」は地域活性化や観光促進、企業キャンペーンに適したデジタルスタンプラリーの実施・運営・分析システムです。アンケート機能やダウンロード機能により、イベントのフィードバックや次回のイベントに活かすことが可能です。

抽選、クイズ、クーポンなどの機能が充実しており、ユーザーに魅力的なスタンプラリー体験を提供します。また、3つのプランから用途に合わせて選べるのも特徴です。

会社名 株式会社Paak
所在地 京都府京都市下京区烏丸通五条下ル396番地 第3キョートビル902号室
公式HP https://paaaak.com/
費用 137,280円~
システム形式 Webブラウザ型

かんぷら

「かんぷら」は観光スポット情報を登録するだけで簡単に運用できるデジタルスタンプラリーサービスです。ARやビーコンなどの観光プロモーションの機能を標準搭載しており、観光スポット情報の登録だけで運用が可能です。

会社名 株式会社エム・ソフト
所在地 東京都台東区上野 6-16-20 松村ビル 2F
公式HP https://kampla.biz-ar.jp/
費用 100,000円~
システム形式 アプリ、ブラウザ

PlusZone Stamp

「PlusZone Stamp」はスマートフォン向けの電子スタンプサービスで、直感的な操作によりポイント取得やクーポン消込が可能です。紙からWEB/アプリへの移行により、顧客データの見える化が可能で、サービス向上に寄与します。

会社名 NECネッツエスアイ株式会社
所在地 東京都文京区後楽2-6-1 飯田橋ファーストタワー
公式HP https://www.nesic.co.jp/
費用 1台当たり10,000円~
システム形式 アプリ、ブラウザ

デジタルスタンプラリーの最適な運営方法

デジタルスタンプラリーの運営は、目標設定、計画、実行、評価の4つのステップで構成されています。まずは目標設定で、何を達成したいのか明確にします。

そして計画では、どのように目標を達成するのか戦略を立て、実行では、計画を元にデジタルスタンプラリーを運営します。最後の評価では、結果を分析し、改善点を見つけ出し、次のアクションにつなげる必要があるでしょう。

デジタルスタンプラリーの成功パターン

デジタルスタンプラリーの成功パターンは、目標達成に直結します。成功の鍵は、顧客が楽しみながらブランドとの相互作用を持つことです。

そのため、参加者にとって魅力的な報酬、使いやすいシステム、分かりやすいルールなどが重要です。また、データを活用して、参加者の行動を分析し、運営を最適化することも成功につながります。

デジタルスタンプラリーの失敗パターン

デジタルスタンプラリーの失敗パターンは、目標設定の不明確さ、適切な計画の欠如、技術的な問題、顧客のニーズへの配慮不足などが挙げられます。これらの問題は、デジタルスタンプラリーの効果を大幅に低下させる可能性が高いです。

デジタルギフトは有効なマーケティングツール

デジタルギフトは、さまざまな種類のデジタルギフトを提供するサービスを展開しています。たとえば、Amazonギフトカード、Pay Payマネーライトなどといった豊富なギフトの選択肢を持っていたり、マーケティング施策の景品といった法人向けのデジタルギフトサービスなどが挙げられます。

これらの特徴によって、デジタルギフトは顧客エンゲージメントを高め、顧客の定着率を高めるような商材です。つまり、デジタルギフトは企業や法人にとって有効なマーケティングツールといえるでしょう。

まとめ

デジタルスタンプラリーは、その費用対効果を最大化するためには、適切な計画と実行が必要です。本記事では、そのための具体的なステップと考慮事項を提供しました。

デジタルスタンプラリーの成功は、顧客のニーズと期待に対する理解、適切な戦略と実行、そして継続的な評価と改善によって達成されます。また、今回はデジタルギフトという革新的な解決策も紹介しました。

これらの情報が、デジタルスタンプラリーの導入と運営を検討している皆様の参考になれば幸いです。